toggle
2018-10-17

ゆるキャン△最新刊!^0^

Pocket

こんにちは~
key(キー)です!

もう手にしましたか!?10/11にゆるキャン△第7巻が発売されましたね~。

今回は、帯にもある通り、なでしこちゃんがついにソロキャンプに挑戦するという内容です。どうなることやらドキドキしますねぇ~♪という言い方をしつつ、買ってからすでに5回は読み直しているという・・・^^;ほんとに何度見ても飽きないです。

今年の初めのある日、インターネットTVで人気のAbemaTVでした。たまたま、一覧をみていると”ゆるキャン”との文字『ん?キャンプアニメか?』と思って見てみると、どこかで聞いたことのあるようなリズムのイントロ。たしかにキャンプアニメではあったものの『また女子高生系の流行りに便乗するパターンか・・・』なんて思ったのですが、たまたま何もやることもなく、暇だったのもありそのまま見てみました。

しばらく見てみると、な~~んだかとっても気の合う娘が・・・

『うんうん。りんちゃん、よくわかっていらっしゃる

おじいさんから譲り受けたキャンプアイテムを持ち、若干そっけないところもあるが、心優しいソロキャンプを好む女子高生。原付にギアを積んで、150kmくらいの距離はものともせず、とにかく好きなロケーションを求める行動派。たまに抜けているところがまたかわいい♪良いテント、良いシュラフを持っていながらも、ペグを転がっている石で叩き込むって”粋”すぎるだろ!!(このキャラ設定ずるいよ 笑)

友達(斎藤)の「冬キャンプって何がいいの?めちゃめちゃ寒いじゃん」という問いかけに
・虫がいない
・人がいなくて静か
・焚き火と温泉が気持ちいい
・景色が遠くまで綺麗に見える
・汁物が美味い

ものすご~~~~~~~~~~~く!激しく同意!!!

まさしく、この寒い時期にソロキャンプやる人なら誰しもが共感できるセリフではないでしょうか!?この言葉を聞いた瞬間にガッツリ心を持って行かれましたよ!!(りんちゃんに♪・・・は、ともかく^^;)この作者さんは本当にキャンプが好きな方なんだなぁと強く感じました。その後の話も見ていると、過去にいったことのあるキャンプ場も何箇所か出ていて、それも、かなり忠実に表現されています。少なくとも行ったことのある人じゃなきゃわからないような細かいところまで。

力を入れるべきところには力を入れて、入れなくてもいいところには入れない。道具を見せびらかすわけでもなく、あくまでも”キャンプを楽しむ”ということを教えてくれます。僕自身、まさしくそう思ってキャンプをしているし、それと同時にその考え方を改めて思い返すことができるし、そしてまた、とても勉強になる内容です。

決してアニメや漫画の布教活動をしようと思っているわけではなくて(笑)、キャンパーであれば一度目を通していただきたい作品だと思います。今年初めにアニメが公開し、1クールで一段落してしまったものの、あまりの人気に登場するキャンプ場は大盛況で、ゆるキャン△自体のイベントがあったり、声優さんのラジオ番組ができたり。とまだまだ人気は上がっていくばかり、アニメの方も第2期の放送を待ち望む声も非常に多く、僕もまさしくその一人です!!是非実現して欲しいものですね♪

という記事を考えながらも、また1冊また1冊読んでいました♪

以上!
keyでした^ー^)ノシ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。