toggle
2018-07-09

求めるのは理想の湖畔②

Pocket

突然ですが、いつどこで見たのか細かいことは記憶にはないのに、いつの間にか頭の片隅に焼き付いた景色がある。なんてことはないですか??

自分自身がそういうロケーションを求めているのかどうかはわからないけど、実に鮮明にその景色を想像することができる。条件は非常に限られてはいるので探そうと思えばある程度特定できるんだろうけど、現実的にはまぁそう簡単にいくもんではないですね。もしかしたら、それが国内ではないのかもしれないし・・・(=.=

とかって、そこまで考えてしまってはもはや「諦めるしかない」ということにもなるので、まずは行ける範囲から湖畔キャンプ場を行きまくって、自分の理想郷を探すことにしました^ー^

今回向かったのは栃木県”菖蒲が浜キャンプ場”。

日光国立公園内にあり、中禅寺湖に唯一のキャンプ場です。湖面標高が1269mに位置し、周辺にはスキー場も点在するくらいの地域なので、冬期は閉鎖しています。営業終了の日付はその年によって多少異なり、HP等で発信されるようなので、寒空の下でキャンプがしたい方は事前に確認が必要ですね。

アクセス

僕は埼玉県から車での移動なのでアクセスに関しては、だいぶざっくりですが参考までに・・・

関越道利用の場合

・北関東自動車道「伊勢崎IC」で降りる
・県道73号線から国道122号線へ
※国道122号線は日光市へ繋がる山間部の通りなので、渓谷の景色を見ながら一本の道をひた走る感じです
・「細尾大谷橋」という交差点で国道120号線に突き当たり、信号を左折。
・国道120号線を進み、一部では有名な”いろは坂”を登る
・登りきったところで中禅寺湖に到着

東北道利用の場合

・宇都宮ICから日光宇都宮道路(有料道路)へ進む
・宇都宮料金所を過ぎたら、分岐に気をつけながら”日光宇都宮道路“方面を目指す
・清滝IC交差点から国道120号線を進む
・いろは坂を登りきって到着

といった感じですかね。さすが観光地までの道のりだけあって、通った道は綺麗に舗装されてありとても走りやすかったです。

電車・バスを利用した方法も何種類もあり、新宿・浅草・東京の各駅から日光へ向かい、バスに乗り換えて中禅寺湖へ。という感じ。料金や移動時間がそれぞれ違うので、スケジュールに合わせてお財布と時間と相談して決めるといいと思います。中禅寺湖や戦場ヶ原など、奥日光方面への「ツアー」を利用するというのも楽でいいかもしれませんね~。

菖蒲が浜キャンプ場

さてさて、キャンプ場に到着しました。

駐車場から100m弱くらい歩いて進んだところに管理棟があり、受付を済ませたら近くに並べてあるリヤカーを借りて、車からサイトに荷物を運びます。

数に限りがあるので使ったら速やかに戻してください。とありますが、自分でアウトドアワゴンを用意したり、必要最小限のアイテムでリヤカーを使わないようにするという手もありますね。

13時のオープンよりも早く、11時くらいに到着。”デイキャンプ料金を払えば入ってもいいですよ~。”と言われたので、場所を選びたかったので540円を追加で支払って早めに入りました。

フリーサイトの為テントサイトの予約不可。という案内があり、13時あたりは結構忙しくなるんだろうなぁ~。なんて思ってたんですが、アーリーチェックインできるんですね♪♪これができるかできないかでは相当違いますね。

料金

・大人(1人/泊)1000円+税
・小人(1人/泊)  800円+税
・大型テント・タープ 1張り 1500円+税

・デイキャンプ料金 540円
※HPの料金一覧には特に載ってはいませんが、管理人の方から直接教えていただきましたので一応表記しておきます。

サイト

早めに入ったので場所は選び放題です♪テントサイトは管理棟側と途中を流れる川を越えてその先にあります。水辺だったり、広場だったり、木々のそばだったりいろいろあるので、初めて行く方には早めに行くことをおすすめします。

浜が突き出た部分があり(画像中央、桟橋の向こう側に見えるところ)、開放的で気持ちよさそうだったので、そこにしようか一度は悩んだのですが、地面が砂地で相当長いペグじゃないと効かなそうだし、時折強い風が吹いてきたりしていたので、吹きっさらしになるのはちと危険かと思いやめて、岩の段差がある方の水辺にしました。

場内は凹凸が少なく設営場所に困ることはあまりないかと思います。トイレや水場は綺麗にしてあり、ゴミ捨て場(小屋)もあります。

捨てて帰れるというのはとてもありがたいですね!川を越えたところにも管理棟があり、こちらの方にはお風呂(540円)やfreeWi-Fiがあったり、カップ麺やお酒などちょっとした物も売ってます。

標高が高いのと、この日は天候のせいもあったのかと思いますが、涼しいというよりは寒いくらいでした。

山での一般的な知識として、標高が100m上がると気温が約0.6℃下がると言われています。僕が住んでる埼玉県は海抜数十m程度なので、山の標高がそのまま影響するということでいいんでしょうか、1200mの差となると、12(x100)x0.6=7.2℃も下がるという計算になりますね。実際にいろは坂あたりの電光掲示板に20℃の表記がありました。そりゃ寒いわけですね・・・(^^;

とはいえ、寒いのが大好きな僕にとっては暑苦しいよりはよっぽどマシ!ちょっと強めの風も、波の音とともに流れてくるととっても気持ちいです♫

ロケーション

広~い湖で向こう岸までよく見えます、行った日は曇っていたとはいえ、とても見晴らしがいいですね。標高も高いので星空も綺麗に見えるでしょうね~!晴れていたらかなり気持ちよさそうです!!

遊覧船が動いていましたがキャンプサイト側には来ませんでした。こちら側はルートには入ってないんですかね?時々カヤックの方々がスイーっと中域あたりを通ったりしてました。

ただ、気になることが1点だけ。
いろんなブログや僕の知り合いからの話でもよく耳にするのが、キャンプに来る人にマナーが悪い人たちがよくいるということ。爆音で音楽・夜中までバカ騒ぎ・場内を走り回る・花火などなど・・・。多方面から同じ情報が流れてくるということは、そういった傾向が強いんですかねぇ?幸い、この日はそんなことは全くありませんでしたが、そういったイメージがなくなるようにみんなで気を付けていかねばなりませんね。

とりあえずキャンプ場レビューでした!
それではまた^-^)ノシ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。