toggle
2018-06-23

釣りキャン①:亀山ダム

Pocket

こんにちは!
Key(キー)と申します!!

今回は会社の同僚で釣りバカくんと一緒にキャンプしよう!
ってことで、オススメの釣りポイントでキャンプをするというコラボしてみました!

原付や軽自動車で埼玉近辺をとにかく走り回り、土日に隣県に釣りに行くなんて当たり前!平日も近くで釣りをする”1day1バス”をモットーにしている彼と、いいロケーションで酒を飲みながらいいもん食べよう!という話し合いをしたところ、すぐに決まったところがこちら

千葉県君津市にある”亀山ダム”です

 

僕といえば、中学生の頃に遊びで釣竿を振り回していた程度で、バスフィッシングに関しては全くの無知なのでこの場所も全く知り得ませんでした。ましてや、今までキャンプをしてきていても関東近郊で千葉県だけは未開の地でした。

こちらは、毎週のように大会が行われるようなところらしく、バスフィッシングのメッカともなっている場所という説明を受けながら、金曜日の夜のうちに出発します。

21時くらいにお互いの準備をして僕の車で合流。近くのスーパーで食材を買い、22時過ぎに千葉県へ向かいました。

夜中に走るので、特に高速も使うことはなく外環下をひた走り向かいます。
途中、給油などで多少の寄り道はあったものの道路自体は全く混むこともなく、非常にスムーズに進み、3時間ほどで到着しました。

行き慣れてる同僚いわく、要所要所非常に混むポイントがあり、つかまると尋常じゃないほどの時間がかかるというので、夜中に出発し18時から20時あたりの混む時間帯をわざと避けて、夜に帰路につくという移動の仕方をしているそうです。

今まで千葉県が未開の地だったというのも、まさにこのあたりの話が一番大きい要因だったりして、僕は渋滞が非常に嫌いなので『必ず渋滞する』という方面だったり場所には絶対に近づきません。

せっかちといえばせっかちなんでしょうが、キャンプ場を目指して行くということは、そうそう気軽に行けるような距離や時間ではないので、移動時間こそ一番無駄な時間だと思ってしまうのです。

渋滞しづらい時間に移動すればいい話ではあるのですが、行きはともかく帰りはどうでしょう?渋滞する時間を気にしながらではなかなかリラックスできません。気が済むまで自然を満喫して、余韻に浸りながら帰宅したいという・・・(せっかちなのかな??笑)

まぁもかくそんなこんなで、なかなか行くことがなかった土地に今回行けることになり楽しみだったのと、同僚が僕の用意もしてくれて初のバスフィッシングができるというので非常に楽しみにしていました。

現地に到着すると、予報通り結構な雨が降っていていました。翌日は予報に反して雨が上がってくれることを祈りながら一眠り。5時前くらいに目覚めると、予報通りのいい感じの雨でした。^^;

まぁまぁ、アウトドアなんて外なんだからそりゃ~雨に降られる日もあるだろ。って感じで大して気にもせず、雨の中自前の魚探やらエレキやらをレンタルしたボートにセッティング

何もわからない僕が色々話しながらこうして見ている中、慣れた手つきでサッササッサと用意してくれて、いざ出航~~~♪

とりあえず、釣り初心者の僕の目にもロケーションはすばらしい!
キャンプを張るという観点から見ても、とってもいい景色です!

水といえば、泳ぐのはいくらでもできますが、船に乗るというのは考えてみるとほとんど経験はなくて、おそらく30年生きて今回が多分3回目くらいかも・・・?

釣り人にしてみれば”足”のように当然の、ボートに乗るということですら新鮮で、降ってる雨なんかどうでもいいくらいでした^ー^

竿の扱い方を教えてもらいながら、あのへんの茂みのあたりとか隠れてそうだとか、この辺の地形はああなっているこうなっているだとか、色々話ながら上流に向かう途中、僕が何もわからずルアーを水中に流したまま船を動かしていると・・・

ん?ちょっとまって、これってもしかしてこれ喰ってね???

と、言って移動を止めてもらいリールを巻いてみると・・・

やはりかかってる!!!

初バスがなんと、意図していないトローリングに食いついてくるという、まさに絵に書いたようなビギナーズラック!!(笑)

大きさは30cm弱くらいの小ぶりなバスでしたが、ともかくまずは釣り上げることができて超嬉しかったです♪♪

その後も、このワームでこの辺から向こう側に投げてこういうふうに巻いていって・・・と、指導を受けながら最上流付近から下流まで移動していろんなポイントを攻めていきます。

同僚は40cmくらいのバスを1匹と、僕は同僚のレクチャーの甲斐もあり、全て小ぶりではありますが悪天候にも関わらず計3匹を釣ることができました♪

8歳ほど年が違う彼ですが、キャンプと釣りというジャンルは違えども、同じアウトドアレジャーに関する方向性だったり、持っている概念が僕と非常に良く合う考え方をしている感じがします。近いうちにまた釣りキャンしに行くことになると思います

バスフィッシングのこともあらゆることを細かく話してくれました。

単純に”魚釣り”といえば、お腹を空かせた相手に餌をぶら下げて食いついてきたところを釣り上げる。という感じにしか思っていませんでした。

ところが、バスの種類によっての動き方も違えば、お腹がすいているわけでなくても、威嚇行動として食いついてくるという習性を引き出して釣り上げるだとか

天候・気温・水の状態・流れなどなど様々な条件を考慮し、その日はどういう行動を取るのかということを考えながら、目の前に泳いでいる大物を自分の意のままにコントロールした上で釣る・・・とまぁいろんなことを教えてくれました。

実に戦略的で奥の深いアクティビティだということがよくわかりました。

こういう”簡単に答えが出ないもの”って本当に好きなんですよねぇ~~♪
ロッド・リール・ルアーに手を出してしまったらどんどんハマっていきそうです^ー^

あさ、5時に出航し昼食の為お昼にちょっと船を降りただけで、ずっと船上で釣りっぱなしだったのですが、下船時間の17時までは本当にあっという間でした。

名前は忘れましが、中腹あたりのボート屋さんで食べたご飯めっちゃうまかった!!!

雨風に打たれっぱなしで、さすがにちょっと寒く感じながらの釣りになってしまいましたが、その後も丘からまだ釣りをしたいと思うほどでした。

初めてのバスフィッシングという経験が楽しすぎて、色々と長文になってしまいましたが、ここからが僕の出番!キャンプの時間になります!!

キャンプの方はまた次回で♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。