toggle
2019-03-15

青木湖キャンプ場:旅のついでにキャンプ。

Pocket

大満足の昼食 (前回記事:リストランテフローリア:
旅のついでにキャンプ。 を終えたところで。長野市内をちょっとだけ観光しながら、キャンプ地へと向かいましょう!^0^)y

・川中島古戦場跡

『川中島の戦い』1561年に武田信玄の軍勢と上杉謙信の軍勢との戦い。両軍あわせて約3万人の死闘が繰り広げられた場所です。正直、何もない起伏のある公園というか広場といった感じで、ちょっとしたお店が3・4件あるような感じ。人工的に色々と建てられ、平和な感じに見えますが、約480年前にはここで数千人が亡くなるという大事件があったかと思うと、何とも言えない感覚になります。

『敵に塩を送る:相手の弱みにつけこむようなことはせず、むしろ苦境から救う』というこの言葉はこの時の上杉謙信の行動から生まれた言葉だと言われています。このやり取りに関してはいろんな考え方があるようですが”相手武将を敵として見ているが、そこに住む住民にはなんの関係もない。この因縁は正々堂々、戦いの場で決着を付ける。”という意思の表れだそうです。公私混同せず、無意味に周りを巻き込むわけでもなく、真正面からぶつかるという考え方は、僕も一人の男として見習っていかなければならないところだと学びました。

貫通した穴

ちなみにこちら、武田信玄の家臣の 原大隅守虎胤※(はらおおすみのかみとらたね) が、敵将:上杉謙信を討ちそこねた悔しさのあまり、持っていた槍で突いた痕らしいのですが、どれだけの”馬鹿力”だったんですかね・・・

・冬季オリンピック会場

1998年冬季オリンピックが開催された長野県。その会場の一つとなったのがこの『ビックハット』と呼ばれる屋内競技場。中には入ることはできませんでしたが、さすがオリンピックの会場というだけあって大きさもさることながら、周辺の整備も綺麗に整えられているような印象でした。

ビッグハット

それよりも気になっていたのが、ここ長野県長野市って僕の母校がある地元青森県弘前市の雰囲気によく似てるんですよね~。「こんな静かな雰囲気の街でオリンピックが開催されるってどういう感じなんだろ?人もすごかったんだろ~な~。」と、広く綺麗に整備されて周辺の道路を見渡してみたり、地元の風景に重ねてみたり・・・。東京オリンピックももうすぐ開催ですよね。どんな感じになるんでしょうか。

・一山越えたその先

市内から見える山々は近くて、綺麗に山肌まで肉眼で見ることができるほど。「予約したキャンプ場の管理人さんに「まだまだ雪がある」なんて電話で言われたけど、雪なんかもうないじゃん」なんて思っていました。近くのスーパーで買い物を済ませ、いざ出発!!と、30分程車を走らせ、市内から見えていた山々をトンネルで越えて行き、その更に先の山まで行きます。

前方の車以外いなくなったので、車を止めて撮ってしまいました。

・・・雪がある。登れば登るほど道路脇の雪の量が増えていきます。それこそ「トンネルを抜けるとそこは○○だった」と、まさにそういう感じ。地元の方にお話を聞いた時も、山を1つ越えると変わるという事をちょっと言われていましたが、まさかここまでガラッと変わるものとは思ってもみませんでした。

・想像以上の雪色!

普通に雪が積もってました・・・。「雪があるので車の乗り入れができません」と事前に言われたので、雪国育ちの感覚でなんとなく車が入れないくらいの量を想像してましたが、思っていたよりもありましたね。ちょっと深いところだと成人男性の太ももあたりまできそうなくらいです。

なかなか残ってるやないか~い
少しずつ雪が溶けて春に向かっているようでしたが・・・

いつも車ににはその時の状況にある程度対応できるように、色々載せてあるんですが、雪の中を歩いて運ぶのは雨の中で急いで運ぶのとは訳が違います。とにかく歩きづらいので、必要最低限の物とさっき買ってきた食料を持ってくことにしました。

・本格イタリアンに触発された!

買ってきた食材というのも、お昼に食べたイタリアンがあまりにも美味しかったので、自分の料理熱にちょっと火がついてしまい、簡単に美味しく食べれるメニューを考えた結果、アヒージョにしてみました。

春の香りアヒージョ

春先ということもあり”タラの芽”と”ふきのとう”が安く売っていたので『春の香りアヒージョ』です。地元農家さんのカラーミニトマトや、マッシュルーム、あさりを入れて、最後の仕上げに白ワインを少しかけて完成。さっき食べた上品な味には遠く及びませんが旨味たっぷりです。山菜のしっかりとした苦味にオイルが絡んで、これもこれで美味しい食べ方だな~と思います。

とか思いながら食べているうちに、あっという間に暗くなってきてしまいました。西側に山がそびえる麓の地域ともあって、日が暮れるのも早い。

ピーク1・・・良い!w
吹雪き始めた中の焚き火

白く写ってるのが雪です。夜になるにつれて雪がひどくなってきました。

とりあえずシュラフ入る前に体を温めておこうと思い、薪をガンガン燃やしてお酒を飲みながら、中と外から温めてささっと眠りにつきました。

そして翌朝。

雪!!

一気にあたり一面雪化粧です。^^;

とはいえ、もう雪はやんでいて朝方は風もなくとても気持ちのいい空気でした。そんな中コーヒー飲みながら・・・

焚き火で表面をカリッと♪からの・・・
見よ!この輝き!!
これがほんとの『ゴールドブレッド』!!!

アヒージョの残りオイルにバケットをつけて・・・。誰がいつやっても間違いのない、安定の美味さですね~♪

・マジでお前らのおかげだよ・・・

夜中は雪国の普通の勢いで雪が降ってきたり、火が消えそうになるくらいの強風がきたり、朝日が昇ったら枝の雪が猛吹雪のように急に風に流されて来たり、朝はあたり一面真っ白に。

とりあえず・・・寒い。

天気がよかったので雪景色が気持ちいい!
撤収後に片付けようとした車もこんな感じ・・・。
突然の出会いで1万円くらいで新品買えた♪

この最後の砦。”ダウンハガー”はあったかいですね~!初めてこのクラスのシュラフに入ってみましたが、外気は-5°c以下だったのに1分もたたないうちにぽかぽかしてきました。やっぱ寝袋は生命線ですね。ほんと買ってよかった♪

タープはさすがにめんどいので屋根はこのテントに頼るしかなかったのですが、何しろ”全く”といっていいほど設営に手間がかからない!もう、ほんと手放せないですね!”かっこよさ”とかそんなもん別にどうだっていい!!(笑)

それがこのポップアップテント。コールマンの『クイックアップドームW』。

クイックアップドームW

太陽の動きに合わせて風が出てきては、急に横殴りの雪になったりして、とてつもない寒さの中でも、ものの3分もあれば設営完了!撤収の方も、乾燥させたら収納まで1分!!この手軽さのおかげでスピーディに動くことができます。もっとザックに入るくらいにコンパクトになってくれれば、まじで文句無しなんですけどね~(^ー^

とはいえ、この二つのアイテムのおかげで、多少の悪天候や寒さの中でもすぐに対応できます。

いや~~。マジ、楽。

対岸あたりからの景色

というわけで”春先の雪中キャンプ”を楽しんだところで、旅キャンプの最後の目的『温泉』に向かいたいと思います✩

以上!keyでした^ー^)ノシ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です